新着情報

現在のページ
ロクハン > 新着情報

ロクハンZゲージ スケールスピードの再現!

いつもロクハンをご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

今回のテーマは、Zゲージ車両の「スケールスピード」についてです。

鉄道模型を走らせるとき、よりリアルな走行感を出すために、実際の鉄道車両のスピードを模型サイズに変換して再現するのがスケールスピードです。

鉄道模型はZゲージに限らず、基本的には上から見下ろす機会が多いと思います。
そのため、高い場所から鉄道を眺めた時と同じように、ゆっくり走っているように見えてしまい、高速で走らせてしまいがちです。

しかし、実際に目の前を走っていく電車が高速なのと同様、目線の高さで走行させてみると、意外とスピードが出ていることが分かります。

今回は簡単に、主なスケールスピードでタイムを計った表を紹介します。
下の表は、『R028 レールセットA』(R195-45°オーバル)を1周するタイムで実車の主な速度を割り出したものです。

IMG_84762.jpg hayamihyou n.jpg
実車では、500系新幹線が約285km/h、115系や103系等電車は約100km/h前後、電気機関車も約100km/h前後、C11蒸気機関車は約60~85km/hで走行します。

また、スケールスピードで列車を走行させた動画をご紹介いたします。
主な車両のスピードと、コントローラーダイヤル位置を撮影しています。
※ダイヤルの位置については、車種や編成内容(両数など)によって変わります。

実車らしい走らせかたをして、より一層リアルなZゲージの世界を味わってみてください!



全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/04/z-5.html

2016.04.09 | Permalink | TOP

発売中!カントレールのご紹介 !

いつもロクハンをご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、鉄道車両が車体を傾けてカーブを走行する「カントレール」をご紹介いたします。

ロクハンから製品化されているカントレール全8種類は以下の通りです。

【R064 カント付レール R195-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R065 カント付レール R220-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R073 カント付レール R245-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R074 カント付レール R270-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)
IMG_8401.jpg

【R066 PC カント付レール R195-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R067 PC カント付レール R220-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R075 PC カント付レール R245-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)

【R076 PC カント付レール R270-30° (6本)】  ¥1,880-(税別)
IMG_8410.jpg


カントレールは、カーブの外側のレールを内側よりも高くし、鉄道車両が安全に曲線を通過するための線路です。
下の写真は内側が通常のレール、外側にカントレールを使用しています。

IMG_8397.JPG

外側の車両の車体が傾いているのをお分かりいただけたでしょうか。
実際の鉄道ではこの傾きを利用して、乗客が感じる遠心力の影響を軽減しています。

さらに、ロクハンのカントレールは高架橋にも使用することができます。

IMG_1095.JPG

新幹線など、より高速でカーブに突入する電車には、カントがよく似合います。

カントレールを使用する時は、レイアウトボードや高架橋に固定してのご使用を推奨します。
固定の際、直線レールからカントレールへのつなぎ目は固定しないのがポイントです。
固定しないことで直線からカントレールに入るアプローチとなります。

IMG_84163.jpg

IMG_8442.jpg T022-56a.jpg


全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/04/post-192.html

2016.04.01 | Permalink | TOP

壬生町おもちゃ博物館「鉄道模型&レールトイ2016」開催中!

栃木県壬生町にある「壬生町おもちゃ博物館」にてただいま開催中、「鉄道模型&レールトイ2016」のロクハンブースをご紹介いたします。

IMG_8157.jpg

IMG_8168.jpg IMG_0422.jpg

IMG_0403.jpg IMG_8161.jpg

IMG_8162.jpg IMG_0036.JPG

おもちゃ博物館の「鉄道模型の部屋」には、ロクハンのZゲージも常設展示されているほか、
スターターセットや、車両セット等が販売されており、その場で購入することも可能です!
IMG_0413.jpgIMG_0412.jpg

「鉄道模型&レールトイ2016」は3月27日まで開催中ですので、是非ロクハンのブースにお越しください!


全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/03/2016-1.html

2016.03.25 | Permalink | TOP

T015-3・T015-4 EF81形電気機関車 問屋様着荷日のご案内!

EF81形電気機関車2種の問屋様着荷日が決定いたしましたので、ご案内いたします。

3月25日問屋様着荷

【T015-3 EF81形電気機関車 レインボー塗装 95号機】 12,800円(税別)

【T015-4 EF81形電気機関車 初期型 貨物更新色】 12,800円(税別)

IMG_8234.jpg IMG_8236.jpg

【特徴】
最小走行半径はR95
ヘッドライト点灯
屋根上の配管をエッチングパーツで再現
●T015-3 レインボー塗装には、「北斗星」ヘッドマーク付属

IMG_8232.jpg IMG_68045.jpg


お近くの販売店様、またはロクハンショールーム・ロクハンオンラインショップにてお買い求めください!

全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/03/t015-3t015-4ef81.html

2016.03.24 | Permalink | TOP

壬生町おもちゃ博物館「鉄道模型&レールトイ2016」出展のお知らせ!

栃木県壬生町にある、おもちゃ博物館において「鉄道模型&レールトイ2016」が開催されます。
今回、ロクハンも出展いたしますので、お知らせいたします。

会場:壬生町おもちゃ博物館 「わくわく夢広場」

日程:
319()~327() ※322日は休館日。


開場時間:
930~16
30 (入館は16時まで)

IMG_82112.jpg railtoy2016.2.jpg


ロクハンからは、発売中の主な製品を展示いたします。

また、ロクハンショールームへは、おもちゃ博物館最寄りの国谷駅から東武宇都宮線で約
20分、またはお車で約30
分程です。

春休みの思い出に、「鉄道模型&レールトイ
2016
」「ロクハンショールーム」までぜひお越しください!

全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/03/2016.html

2016.03.18 | Permalink | TOP

複線オーバルセットの配線のご紹介!

いつもロクハンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は、お客様からのお問い合わせの多かった、「R062 レールセットC 複線オーバルセット」を使用した、レイアウトと配線の方法をご紹介いたします。

【R062 レールセットC 複線オーバルセット】  ¥9,500-
・曲線レールR195-45°  ×8本
・曲線レールR220-45°  ×8本
・直線レール220mm   ×4本
・直線レール110mm   ×6本(カットレール2本含む)
・110mmポイントレール右分岐   ×2本
・リレーラー       ×1本

OvalsetC_.jpg IMG_791123.jpg


お客様からの、「複線にした時、フィーダーは何処に挿し込めばいいの?」、「コントローラーは何個必要?」というご質問に対して、それぞれ遊び方と、配線方法を以下にまとめてみました。

1、コントローラー2台を使用して、内・外それぞれ個別に操作したい。
コントローラーを2個用意し、内・外線それぞれにフィーダーを挿し込み、各コントローラーにて走行させてください。(図1)
エンドレスレールで走らせるのには最も簡単な方法です。

ポイントレールを通過する場合、このまま使用するとポイントの接続部にてショートしてしまいます。ポイントレール同士の中間部に「A013 ギャップジョイナー(別売)」を使用(図A)し、コントローラーにて列車の進行方向(極性)を合わせ、通過させます。(図2)
IMG_788721.jpg 034001.jpg 034002.jpg



2、コントローラー1台で運転をしたい。
「A029 フィーダー用Y字ケーブル(別売)」を使用し、内・外線それぞれにフィーダーを同じ向きで挿し込みます。
この使用方法の場合、2台の列車が同じ方向に走ります。この場合は極性が同じなので、渡り線の走行が可能となります。(図3)

すれ違い運転をさせたい場合は、内・外線それぞれフィーダーの向きを逆に挿し込んでください。(図B)
この使用方法の場合、ポイントの接続部にて極性が逆になるため、渡り線を走行することはできません。(図4)
また、ショートを避けるためにポイントレール同士の中間部に「A013 ギャップジョイナー(別売)」を使用(図A)してください。
IMG_7944.jpg 034-4222.jpg 034_32222.jpg


3、フィーダー1本のみで複線レイアウトを走らせたい。
2つのポイントレールの裏側に付属のビスをそれぞれ2本ずつ締め、「非選択式」の状態にします。(図C)
ポイントレールを「非選択式」にすることで、全てのレールに電気が流れます。
そのため、フィーダーが1本で運転が可能、ポイントレールも通過することができます。(図5)
但し、全ての列車は同じ方向に走行します。(図6)
IMG_7899.JPG 0340005.jpg 0340006.jpg



是非、複線の「すれ違い」の楽しみを味わってみてください!

IMG_7914.JPG IMG_7925.JPG


全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/03/r062c.html

2016.03.07 | Permalink | TOP

T016 24系北斗星 JR北海道編成 問屋様着荷日のご案内!

24系北斗星 JR北海道編成の問屋様着荷日が決定いたしましたので、ご案内いたします。

2月25日問屋様着荷

【T016-1 24系北斗星 JR北海道編成 7両基本セット】 18,000円(税別)

【T016-2 24系北斗星 JR北海道編成 5両増結セット】 15,000円(税別)

T016-1.jpg IMG_5736.JPG

【特徴】
・2008年3月のダイヤ改正までJR北海道所属車によって運転されていた「北斗星1号・2号」の編成がモデル。
・JR北海道所属車の特徴である、車体側面のエンブレムを再現。
・T002-8「DD51 1000 A寒地型 北斗星重連セット」に取り付ける『北斗星』のヘッドマークが付属。(※基本セットのみ)
・客車のテールマークのラベルと、列車無線アンテナパーツが付属。(基本セットのみ)
・別売りの「A015室内灯B」、「A009室内灯A」(スシのみ)を搭載可能。
・T002-8「DD51 北斗星重連」や、T015-1「EF81 北斗星塗装」等と共にお楽しみください。


IMG_7705.jpg IMG_7709.jpg

お近くの販売店様、またはロクハンショールーム・ロクハンオンラインショップにてお買い求めください!

全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/02/24jr.html

2016.02.24 | Permalink | TOP

発売中!115系1000番代 旧長野色のご紹介!!

皆様により多くの製品を知っていただくために、既に発売されている商品の中で特徴あるアイテムに今一度焦点を当てる、

<ロクハン・アーカイブ>

今回は2014年12月に発売されました、115系1000番代 旧長野色です。

【T011-1  115系1000番代 旧長野色 3両セット】  12,800円(税別)
 編成 : クモハ115‐1001 + モハ114‐1001  + クハ115-1001
IMG_7674.JPG

【115系旧長野色について】
115系は寒冷地及び、急勾配路線で使用することを前提に、耐寒耐雪構造を強化して登場した車両です。実車の電動車(クモハ・モハ)の車端部に設けられたルーバーは雪切室に通じており、主電動機への浸雪防止を計っています。

今回ご紹介する「旧長野色」は、1989年に登場した塗装で、アルプスの山の雪の白に、山や田畑の緑、そして信州らしくリンゴの赤というカラーリングです。1997年長野オリンピックの開催に合わせて1992年頃より現行の長野色への塗装変更が開始され、旧長野色は1995年までという、わずか短期間の活躍となりました。

IMG_7681.JPG 
IMG_7685.JPG IMG_7688.JPG


全てが揃う!!ロクハンショールームのご案内はこちらから!→ ロクハンショールームのご案内!

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/02/1151000-1.html

2016.02.17 | Permalink | TOP