複線オーバルセットの配線のご紹介!

現在のページ
ロクハン > 新着情報 > 複線オーバルセットの配線のご紹介!

複線オーバルセットの配線のご紹介!

いつもロクハンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は、お客様からのお問い合わせの多かった、「R062 レールセットC 複線オーバルセット」を使用した、レイアウトと配線の方法をご紹介いたします。
(※「R079 ミニカーブ複線セット」でも本記事の内容が応用可能です)

【R062 レールセットC 複線オーバルセット】  ¥9,500-
・曲線レールR195-45°  ×8本
・曲線レールR220-45°  ×8本
・直線レール220mm   ×4本
・直線レール110mm   ×6本(カットレール2本含む)
・110mmポイントレール右分岐   ×2本
・リレーラー       ×1本

OvalsetC_.jpg IMG_791123.jpg


お客様からの、「複線にした時、フィーダーは何処に挿し込めばいいの?」、「コントローラーは何個必要?」というご質問に対して、それぞれ遊び方と、配線方法を以下にまとめてみました。

1、コントローラー2台を使用して、内・外それぞれ個別に操作したい。
コントローラーを2個用意し、内・外線それぞれにフィーダーを挿し込み、各コントローラーにて走行させてください。(図1)
エンドレスレールで走らせるのには最も簡単な方法です。

ポイントレールを通過する場合、このまま使用するとポイントの接続部にてショートしてしまいます。
渡り線のポイントレールを「非選択式」の状態とし、ポイントレール同士の中間部に「A013 ギャップジョイナー(別売)」を使用(図A)して、
コントローラーにて列車の進行方向(極性)を合わせ、通過させます。(図2)
IMG_788721.jpg 034001.jpg 034002.jpg

※ミニカーブ複線セットでギャップジョイナーが干渉する場合は、絶縁部分を残しつつ適宜カットしてください。

2、コントローラー1台で運転をしたい。
「A029 フィーダー用Y字ケーブル(別売)」を使用し、内・外線それぞれにフィーダーを同じ向きで挿し込みます。
この使用方法の場合、2台の列車が同じ方向に走ります。この場合は極性が同じなので、渡り線の走行が可能となります。(図3)

すれ違い運転をさせたい場合は、内・外線それぞれフィーダーの向きを逆に挿し込んでください。(図B)
この使用方法の場合、ポイントの接続部にて極性が逆になるため、渡り線を走行することはできません。(図4)
また、ショートを避けるためにポイントレール同士の中間部に「A013 ギャップジョイナー(別売)」を使用(図A)してください。
IMG_7944.jpg 034-4222.jpg 034_32222.jpg

※ミニカーブ複線セットでギャップジョイナーが干渉する場合は、絶縁部分を残しつつ適宜カットしてください。

3、フィーダー1本のみで複線レイアウトを走らせたい。
2つのポイントレールの裏側に付属のビスをそれぞれ2本ずつ締め、「非選択式」の状態にします。(図C)
ポイントレールを「非選択式」にすることで、全てのレールに電気が流れます。
そのため、フィーダーが1本で運転が可能、ポイントレールも通過することができます。(図5)
但し、全ての列車は同じ方向に走行します。(図6)
IMG_7899.JPG 0340005.jpg 0340006.jpg



是非、複線の「すれ違い」の楽しみを味わってみてください!

IMG_7914.JPG IMG_7925.JPG


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                                   
                                                   
                                                   

ロクハン東京ショールームのご案内はこちらから→ ロクハン東京ショールームがオープンしました

  <ロクハン東京ショールームでは?>
  ■超大型レイアウト無料で御使用出来ます!Zゲージ車両を持ってぜひ、ご来場ください。
  ■新商品展示コーナー設置!どこよりも早く新商品が手に取ってご確認出来ます。
  ■生産時のエラー品(カプラーや台車等)を来場者様に不定期ですがプレゼントとして配布して
   おります。(在庫切れの際は御了承ください)詳しくは東京ショールームスタッフまで。
  
ロクハン栃木本社ショールームのご案内はこちらから ロクハンショールームのご案内!


ロクハン製品の取扱店舗一覧はこちらから→ 
ロクハン製品取扱店リスト(2020年5月更新)

ロクハン公式Twitterはこちらから→ ロクハン【Zゲージ鉄道模型】

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。


                                                   
                                                   
                                                   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2016/03/r062c.html

2016年3月 7日 | TOP