週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ 2015年9月15日創刊!

現在のページ
ロクハン > 新着情報 > 週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ 2015年9月15日創刊!

週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ 2015年9月15日創刊!

先日開催された国際鉄道模型コンベンション、ロクハンのブースでも一部を展示させていただきましたので、ご存知の方も多いかと思います。株式会社デアゴスティーニ・ジャパン様より「週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ」が創刊されます。
毎号付属されるジオラマパーツのうち、0系新幹線やキハ52形気動車、レールなどがロクハン製Zゲージとなっています。

「週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ」は完成すると、東海道新幹線の開業、東京オリンピックが開幕するなど高度成長期だった、昭和39年(1964年)頃の日本の懐かしい風景が1/220サイズ、Zゲージスケールのジオラマ模型で甦ります。


「週刊 昭和にっぽん 鉄道ジオラマ」
  出版社 : 株式会社デアゴスティーニ・ジャパン
  創刊日 : 2015年9月15日創刊
発行間隔  :   週刊
  完結    :   全100号
  価格    : 創刊号特別価格    899円
        通常価格    1,890円

完成したジオラマのサイズは、全長約1,380mm×約奥行550mm×高さ約255mmとなります。別売りの専用ラックを使用すると、ジオラマを3分割にしてコンパクトに収納できます。
創刊号~37号までをご購読されると、トレインコントローラーRC-02がもれなく手に入ります。
38号~100号までご購読されると、トレインコントローラーRC-03とポイント切替スイッチC002がもれなく手に入ります。

昭和の日本をディテールにこだわったミニチュアで精細に再現
昭和39(1964)年10月1日、東海道新幹線が開通し、10月10日には東京オリンピックが開幕しました。
日本が元気いっぱいだった高度成長期のあの時代を、精細なジオラマ模型で再現。
外周の高架を初代新幹線の「0系」が疾走、その下のローカル線を、ディーゼルカー「キハ52形」がのんびりと建物の間を縫って走ります。(公式ホームページより)

マガジンでは付属パーツの説明や、ジオラマの組み立て方等、初心者でも分かりやすい丁寧な解説がされています。
また、昭和時代の懐かしい日本の風景が、写真や資料等と共に紹介されています。

deago1.jpg deago2.jpg deago3.jpg

また、ロクハン製Zゲージのレールが使用されていますので、発売中のZゲージ車両を走らせて遊ぶことも可能です。

フェイスブックにも同じ内容を掲載しております。皆様のコメントお待ちしております。

この記事のURL : http://www.rokuhan.com/news/2015/08/-2015915.html

2015年8月28日 | TOP